電力の買取

固定価格買取制度についておききしたいことがあります。

皆さんは電力の買取をご存知でしょうか?再生可能エネルギーにより発電した電気を、
国が決めた調達価格で、
電力会社が業者から買い取ります。
電力会社が買い取りに要した費用は、
電気料金に上乗せし、賦課金として国民から徴収します。

関東の震災以降こういった取り組み大変初歩的な質問なのですが、買取価格や期間などについてはあまりしられていません。

では買取価格と調達価格とは何が違うのでしょう。
経済産業省のHPでは、「買取価格および買取期間は毎年度、当該年度の開始前に定める」と書いてありますが、そのあとに調達価格や調達期間(風力なら20年)などの記述もあります。
自分で調べたところ、平成25年3月までに買取制度に申し込んだ場合は、定めた調達価格・期間の保証がある。固定価格買取制度とは、「再エネ」を、
国が調達し、国民に買い取らせる制度です。
調達価格及び賦課金の単価は全国一律であるため、
電力会社が損をしないように、
「費用負担調整機関」が各電気事業者に対して、交付金を交付します。
電力の販売はこのように今後活発になっていく分野のひとつかもしれません。

しかし、その価格設定によっては、普及についていろんな問題があるといわれています。

ソーラー発電の為に設置した設備も 外的要因で日陰になってしまえばそれで終わりだからです。