買い取り価格の相場

買い取り価格については同様にまた一例を上げますが、あるスーパーが特売の広告を出しましたが、ほしい商品が店に行ったときには既に売り切れてないという場合でも、本当に売れてなくなったのかは分かりませんし、売れてしまったとしてなんとでも言いくるめられると言われれば、可能性的には0ではありませんが、一般的には広告を出したのだから、売れて本当になくなったと考えるの一般的だといえます。

例えば貴方が同じような状況でスーパーに行った際に売れたかどうかが分からないからと言って文句言うのでしょうか?

可能性は0ではありません。私の言い分も質問者様の言い分も一理ありますが、日本を含め多数の国が民主主義多数決で物事を決定いたします。一般的に考えれば、広告を出す=買取に持ってくる人が多く、在庫が増える可能性が高いので、店舗の言い分を信じるのが一般的だと思いますが。

物にもよりますが、価値の変動は早く、在庫が多ければ売れ残ったり値下げしたりするリスクもありますので、買取の場合は1000円くらい異なることも普通にあることです。

一般的に買取でなくても広告を出せばそれを見て来店する方が多くなるというのと同じように買取広告も出せば、それを見て売りに来る方が多くなる=在庫が多くなる可能性が高くなるわけです。

為替・円相場でいえば、買取広告を出したというのが誰もが納得できる為替円相場が変動する正当な理由です。

可能性でいわれれば、質問者様が仰る通りですが、確率的には在庫が増える(変動する)可能性が高い時に、その様なことを言われても説得力がないです。